毎年1月5日、奄美大島は「紬の日」だそうです。大島紬は「泥染め」という独特の染色だけでなく、
奄美の人々の尽力で開発された締機(しめばた)によって、世界でも比類ない細緻な柄を可能にした織物です。
奄美といえば青い海と原生林、ソテツやハブをモチーフにした龍郷町の「龍郷柄」や、秋名地区のザルという意味の「秋名バラ」といった独特の柄も、人気が高いですよね。
今年42回目となる「紬の日」、奄美には行けないけど・・・2020年も、日本各地で大島紬愛用者が増えますように!

第42回「紬の日」のつどい

奄美市は、昭和53年から毎年1月5日を「紬の日」と制定。「紬の日」は、奄美の基幹産業である本場奄美大島紬への認識を深めるとともに、本場奄美大島紬の振興による豊かな街づくりを推進するために市民が紬を着用し、その良さを再認識することを目的としております。
当日は島唄・ファッションショー・餅つき・振舞焼酎、紬大行進・八月踊り・お楽しみ大抽選会などのイベントがあります。

着替えスペース常備、着付け&キモノレンタルで気軽に参加!
大島紬の着物及び小物一式(襦袢・帯・腰紐・足袋・草履)を持参された方へ:スタッフによる着付け500円。
着物レンタル(着付け料込み一人2,000円)先着10名(14:00〜会場受付)。

紬ハーバリウム教室
大島紬のハギレや糸を使ったハーバリウムを作りましょう!体験料1,500円
14:30〜、15:30〜 各回20名(14:00〜会場受付、先着順)

本場奄美大島紬協同組合の公式サイトは → こちら

会 期:2020年1月5日(土)14:00〜17:00

会 場:奄美市 AiAiひろば(観光交流センター)
イベント奄美市名瀬末広町14番10号

入場料:無料

問合せ:奄美市 紬観光課(52-1148) 公式サイトは → こちら

開催まであと
0
0
0
0