墨の若冲。伊藤若冲-京に生きた画家-

/, 2016年7月, 2016年8月, 2016年9月, 京都/墨の若冲。伊藤若冲-京に生きた画家-

東京都美術館の若冲展は、ものすごーい混雑でしたねー。姫丸が行ったときは230分待で、あきらめましたが。
でも、これから年末までは若冲の地元京都で、生誕300年記念イベントが続々です!
まずは世界有数の若冲コレクションを誇る細見美術館の若冲展。さっそく初日に行ってきました!
この展覧会は動植綵絵のような鮮やかな作品はなく、墨絵の屏風がメイン。墨の色の多彩さ、筆の迷いなき強さ美しさ。
生命の躍動感や表情が、墨だけでこれほど!なのには惚れ惚れ。点数が40点ほどで、正直ちょっと物足りなかったけど。
以下、細見美術館さんの公式サイトより転載させていただきます。

生誕300年記念
伊藤若冲 ─京に生きた画家─

奇想の画家として知られる伊藤若冲は、江戸時代中頃の正徳6年(1716)に京都・錦小路高倉にあった青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。数え年23歳の時、父の死去に伴い家督を相続し四代目を継ぎますが、40歳を機に弟に家督を譲り、絵画制作に没頭します。その個性的な画風は、さまざまな絵師がその腕を競い合っていた都市、京において大きな注目を集め、評判を呼びました。その後若冲は、天明8年(1788)に大火により被災し、一時大坂に身を寄せますが、晩年は深草の黄檗寺院・石峰寺の門前に隠棲、寛政12年(1800)に85歳で亡くなるまで絵画三昧の人生を送りました。
贅沢な材料をふんだんに使い、技を凝らして描かれた精緻かつ大胆なその作品は、観る人を圧倒する「気」に満ちています。また一方で、墨の濃淡や筆勢、紙の特性を活かした水墨画には、ユーモラスな視点や生き物を慈しむ優しい眼差しが感じられます。
それまでの日本の絵画にない奇抜なモチーフ、独創的な画面構成や絵画技法を駆使して捜索を行った江戸美術を代表する画家の一人として、若冲は時代や国を超えて見る人に強い印象を与え続けています。
生誕300年を機に行います本展では、若冲が生まれ、生きた京都で開催する展覧会として、細見コレクションの若冲作品のみならず、ゆかりの場所や作品の紹介、弟子らの作品も併せて展示することで、若冲の魅力的な世界をより実感していただける機会となるでしょう。

会 期:2016年6月25日(土)〜 9月4日(日)
前期:6月25日(土)-7月31日(日)、後期:8月2日(火)-9月4日(日)
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
月曜休館(祝日の場合、翌火曜日)

会 場:細見美術館(京都・岡崎)

入館料:一般 1,200円 学生 1,000円

主 催:細見美術館 読売テレビ 京都新聞

公 式:細見美術館 公式サイト

前期はあと
0
0
0
0
2018-02-17T23:44:08+09:00