第38回 伝統加賀友禅工芸展とホタルの兼六園

/, 2016年7月, 全国, 展示会・展覧会/第38回 伝統加賀友禅工芸展とホタルの兼六園

加賀百万石の城下町・金沢。約400年前から前田家歴代藩主が振興した伝統工芸や伝統芸能が今なお息づくこの街で
きもの好きが一度は着てみたい加賀友禅の、年に一度の公募展が開かれます。
京友禅が公家文化なら、加賀友禅は武家文化の中で凛と咲いた華・・・加賀友禅の魅力を堪能できる5日間。
きもの姿が似合う風情ある街並み、名園、美味いものも揃った、金沢へ。この機会に出かけてみてはいかがでしょう。
以下、加賀友禅技術保存会さんよりお送りいただきました案内状と写真です。

第38回 伝統加賀友禅工芸展(公募)

加賀友禅の正統な技術保存と後継者育成のため、加賀友禅技術保存会は石川県の無形文化財に指定され、現在は10名の作家が会員に認定されています。
この展覧会は、その主旨推進のため毎年開催されるもので、地方文化と業界発展に大きな期待がかけられております。
本年も石川県立美術館での開催となり、数多くの力作が展示されます。ぜひ、ご高覧ください。

会 期:2016年6月30日(木)~ 7月5日(火)
9:30~18:00

会 場:石川県立美術館 第8・9展示室
石川県金沢市出羽町2-1(兼六園そば) TEL 076-231-7580
石川県立美術館  公式サイト

入場料:大人400円、小人無料

主 催:加賀友禅技術保存会  公式サイト(入賞作品紹介)

下の画像は、昨年開催の様子です。

開催まであと
0
0
0
0

加賀友禅を楽しんだ夜は、金沢城・兼六園でホタル舞う庭園散策も!

7月1日(金)〜 7月3日(日) 参加無料
普段は閉園中で入場できない時間帯に、園内のホタル観賞スポットを約30分間ほどで巡ります。ほのかなホタルの光が飛び交う夜の名園をお楽しみください。
・20時00分出発 ・20時10分出発 ・20時20分出発 ・20時30分出発
19時30分から兼六園蓮池門(茶店通り側)で参加受付、各出発時間、先着40名。
「夏の段 ホタル舞う名園散策」詳細は  こちら

金沢へ。大阪から2時間半、北陸新幹線で東京からも2時間半です!

楽天トラベルで見てみる → 金沢市内・周辺の宿

金沢市公式観光ガイド → 金沢旅物語

2018-02-17T23:44:08+09:00