大雪になってしまいましたが・・・「第64回 日本伝統工芸展」の全国巡展は、仙台三越へ!
染織・陶芸・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7分野の入賞作品や人間国宝の作品も展示される国内最大級、
作品の美しさに、どうやって創ったんだろう?という想像もできないところの工夫やスゴ技に感動!の展覧会です。
同時期に、日本工芸会 東北会員による第7回 創るよろこび使うよろこび展も開催されます。入場無料ですよ〜 (^o^)

第64回日本伝統工芸展(平成29年)

日本の優れた伝統工芸の保存と後継者の育成を目的に、毎年開催する国内最大規模の公募展。
会場では、陶芸、染繊、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門より人間国宝最新作46点と、一般公募作品より厳正な鑑審査を経て選ばれた、入選作を約300余点を一堂に展覧いたします。

★ 入場無料 ★

会 期:2018年1月24日(水)~ 1月29日(月)

会 場:仙台三越  本館7階ホール

公 式:仙台三越 公式サイト 日本工芸会 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0

列品解説:各日12時30分より開催

1/24(水)  神谷紀雄(陶芸作家)  井上春子(人形作家)
1/25(木)  藤塚松星(竹工作家)
1/26(金)  田口義明(漆芸作家)
1/27(土)  浅井盛征(金工作家)
1/28(日)  氣賀澤雅人(硝子作家)
1/29(月)  小宮康正(染織作家)

★ 第64回、入賞作品の一覧がWEB公開されました ★
こちらで予習していくと、より楽しめるかも! → 日本工芸会 公式サイト 入賞作品一覧