芸術の秋、今年も日本橋三越から「第65回 日本伝統工芸展」の全国巡展が始まります!
染織・陶芸・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の伝統工芸7分野の入賞作品や人間国宝の作品も展示され、
作品の緻密さ美しさに、どうやって創ったんだろう?という想像もできないところの工夫やスゴ技に感動!の展覧会です。
創造の謎?を解く列品解説、今年は美術館館長や工芸史家の方々も加わり、創り手とは違った視点からの話も聞けそう。
入場無料、同時期に三越呉服フロアでは名物「秋の京呉服均一会」も、やってます!

第65回 日本伝統工芸展(平成30年)

日本工芸会は、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体です。
日本伝統工芸展は、歴史上・芸術上価値の高い工芸技術を保護育成するため開催される最大規模の公募展です。

【列品解説】 各日午後12時30分~
9/19(水)陶芸:福島善三(重要無形文化財保持者)
9/21(金)染織:土屋順紀(重要無形文化財保持者)
9/22(土)受賞者 しんたにひとみ(高松宮記念賞)小倉淳史(文部科学大臣賞)金城一国斎(朝日新聞賞)森田由利子(日本工芸会会長賞)池田貴普(日本工芸会奨励賞)
9/23(日)受賞者 前田宏智(日本工芸会総裁賞)渡辺晃男(東京都知事賞)楠光代(NHK会長賞)
9/24(月)漆芸:金子賢治(茨城県陶芸美術館長)
9/25(火)金工:原田一敏(ふくやま美術館長)
9/26(水)木竹工:諸山正則(工芸史家)
9/27(木)人形:今井陽子(東京国立近代美術館主任研究員)
9/28(金)諸工芸:白幡明(硝子作家)

会 期:2018年9月19日(水)~ 10月1日(月)

会 場:日本橋三越本店  7階 催物会場

入場料:無料

公 式:日本橋三越本店 公式サイト 日本工芸会 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0

三越 秋の京呉服均一会

9月19日(水)~10月2日(火)@本館4階 呉服フロア
三越を代表する呉服催事「京呉服均一会」。詳細は公式サイトにて → こちら