今年も「西陣織展」に行ってきました!その全体の印象は、世代が進んだ・・・というか、これまでになく
現代〜ちょっと先の気分を心地よく感じられる色柄の帯が増えていました。でも、今年は綴れ織の帯が少ない・・・と思ったら。爪掻本綴織の織元による綴れ織り作品だけを集めた「京都綴会 秀作展」が開催されるそうです!
会場は仁和寺、入場無料 ♪ 販売会も同時開催で、1本は爪掻本綴織の帯がほしかった方には絶好のチャンス到来です!

2019 京都綴会 秀作展

西陣織の技法のひとつである「爪掻本綴織」をご存知でしょうか?
ノコギリ状に研いだ職人さんの爪先で緯糸(横糸)を掻きよせて精緻に織られる、日本美術織物の最高峰です。

この度、総本山仁和寺において、爪掻本綴織元による作品の数々を審査・表彰し、その至高の作品を一挙に展示します。
また、同時開催で販売会も実施いたしますので、是非皆様、西陣織の技の極致を御堪能ください。

会 期:2019年2月15日(金)・16日(土) 10:00~16:00

会 場:総本山仁和寺「大内の間」「瑞雲の間」→ アクセス

案 内:京都の伝統産業 イベント案内

主催・問合せ:京都綴会 TEL:075-465-5484

開催まであと
0
0
0
0