第69回 京丹後ちりめん祭

/, 京都, 産地の祭り, 見学・体験/第69回 京丹後ちりめん祭

2020年、創業300年を迎えるという丹後ちりめん。いま日本で生産されている和装用白生地織物(きものの生地)、
その約60%が丹後で作られているそうです。白生地だけでなく、いまや海外ブランドとコラボし、丹後テキスタイルとしてパリコレにも出ていたり、反物として販売される完成品?も増えていて、とくに男物は大注目!だったり・・・
世界に誇る織物技術の蓄積を活用する、若手経営者たちの新しい試みにも産地の底力を感じます。
この春は、恒例「京丹後ちりめん祭」に、産地の魅力や作り手の思いも体感できる「工房めぐり」も併催されますよ〜!

第69回 京丹後ちりめん祭

日本一の絹織物産地ならではの一大イベントです。
今年は市制15周年特別企画として「”見て・知って・体感する”作り手とつながる工房めぐり」も同時開催いたします!

■ オープニング(14日10時~@蠶織神社)
網野太鼓による迎え太鼓に始まり、丹後ちりめんを奉納する産地ならではの神事「蠶織神社祈願祭」をご覧ください。
ちりめんにちなんだ京丹後銘菓のお菓子撒きも行います。

■ KIMONOプロジェクト制作着物丹後初お披露目(14日10時35分~@網野神社拝殿)
一般社団法人イマジンワンワールドが主宰し、2020年に向けて日本の技を世界へ発信するプロジェクト「KIMONOプロジェクト」において、丹後の技を結集し、アルゼンチン共和国をイメージして制作した着物を丹後で初お披露目/展示します。

■ ちりめん小唄踊り(14日11時10分~@網野神社境内、拝殿)
日本遺産にも認定された、丹後ちりめんの歴史を今に伝える伝統の踊りです。

【その他の催し】
丹後ちりめん製品やきもの古着、白生地、丹後で最終製品に仕上げたきものやストールなどの展示即売会「呉楽市」、ご当地グルメなどが味わえる「丹後うまいもん市」、各種体験・クラフトコーナー、ステージショーや織物展示、和装関連製品などが当たるスタンプラリー抽選会等を行います。

きもの着用特典
網野神社境内にて「フォトカレンダーサービス」を行うほか、協賛店7店舗においてお得なプレゼントや割引サービスを受けていただける「きものでホッコリまちあるき」も実施します。

会 期:2019年4月14日(日)

会 場:アミティ丹後 & 網野神社周辺

公 式:京丹後ナビ 公式案内

問合せ:京丹後ちりめん祭実行委員会事務局
イベント0772-69-0440  メール → こちら

開催まであと
0
0
0
0

作り手とつながる工房めぐり
着物や帯の織り、染め、着物リメイクといった、ちりめん産地ならではのものづくりの現場を見学していただけます。
産地の魅力や作り手の思いを体感してください。

*予約制・先着順です。詳細・お申込は → 京丹後市 「作り手とつながる工房めぐり」公式案内

今年『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』が「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されました。
ちりめん回廊へも足を延ばしてみられてはいかがでしょうか。→ ちりめん回廊

2019-04-08T11:57:26+09:00