今年の「東京キモノショー2019」は、いかがでした?  新しいキモノの風は、ここからも!
日本橋三越本店で「第53回 日本伝統工芸染織展」が始まります。
日本伝統工芸展を主催する日本工芸会の染織部門の公募展で、新進気鋭の作家から人間国宝の作品まで、
選び抜かれた作品を一堂に見られます!
ここ数年の入賞作品を見ると、モダンな幾何学模様、ブルー系が目立つような・・・事前の予習は「こちら」から♪

匠の技の極み 第53回 日本伝統工芸染織展(令和元年)

我が国に古くから伝わる「染め「織り」などの染色工芸の保護・育成と
創意ある展開を目的に開催している公募展。
入選作品の数々と重要無形文化財保持者の作品を一堂に展覧いたします。

【列品解説】
5月24日(金) 小笠原小枝(日本女子大学名誉教授)
5月25日(土) 福冨 幸(岡山県立美術館主任学芸員)
5月26日(日) 髙橋 寛(友禅作家)
各日午後1時30分~

会 期:2019年5月22日(水)~ 5月27日(月)
イベント10:30〜19:30 (最終日は18:00時閉場)

会 場:日本橋三越本店 本館4F 呉服特選サロン

開催まであと
0
0
0
0