今年は伊藤若冲、生誕300年。世界的な若冲コレクター エツコ&ジョー・D・プライス夫妻所蔵のコレクションを、ZONEさんと京友禅一流の職人さんたちが美しい着物にしてくれました!
若冲が描く動物や花は、いきいきと躍動的で、のびやかに生を謳歌していて、どこか親しみやすいから、大好き f22
着物で見に行きたい東京都美術館の「若冲展」に、着物を見に行きたい「若冲プライスコレクション着物」。
GWは若冲!ですね。以下、ZONEさんよりお借りした画像と、案内文を抜粋させていただきます。

訪問着(菊花流水図・葡萄図)

なごや帯(鳥獣花木図屏風)

ZONEの「染」と川島の「織」のコラボレーション
伊藤若冲 生誕300年記念企画 東京初開催

ZONEは、オリジナルの京友禅着物・帯・小物の企画・制作を行っております。ZONEの着物は、京友禅の中でも高い技術を保持する職人を厳選し、伝統的工芸品として認められている手描き友禅と型友禅の技法のみを使って制作しております。

今回の伊藤若冲生誕300年を記念した「若冲プライスコレクション着物」は、世界的な若冲コレクター エツコ&ジョー・D・プライス夫妻の賛同を得て手がけたもので、プライスご夫妻からは「元絵とまったく同じものではなく、そこにクリエイティビティが介在すること」をリクエストされました。
会場では、訪問着・小紋・絵巻物袋帯・名古屋帯・無地着尺の着物地や帯留めを約130点展示販売いたします。
一柄一点のみの作品もご用意しておりますので、是非この機会に若冲と京友禅の素晴らしい世界をご覧ください。

さらに大丸東京店では、川島織物と初のコラボレーションを行います。川島織物からは、織の技術を駆使した帯地の数々が出品されるとともに、若冲との縁を物語る、1904(明治37)年のセントルイス万国博覧会に出展した、日本式室内装飾「若冲の間」が写真等で紹介されます。
ZONEがつくる伝統技法を凝らした平成の京友禅に、江戸の若冲が踊る。
明治の世に伝統の西陣織で若冲を世界に発表した川島織物の今に続く織の技。両者の古くて新しい技と美の物語をご覧ください。

ZONE きものデザイン研究所 代表 伊藤剛史

会 期:2016年4月27日(水)〜 5月3日(火・祝)
10:00〜20:00(初日12:00から、最終日18:00終了)

会 場:東京駅 大丸東京店 11階 催事場

開催まであと
0
0
0
0

会 期:2016年5月18日(水)〜 5月31日(火)
10:00〜20:00(最終日は18:00終了)

会 場:松坂屋上野店 7階 呉服売場

■ 入場料:無料
■ 主 催:ZONE きものデザイン研究所
■ 共 催:川島織物

「若冲プライスコレクション着物」の数々を、ご覧いただけます。 ZONEきものデザイン研究所 ギャラリー

NHKスペシャルでも若冲!
「若冲 よみがえる “神の色彩” ~生誕300年・天才絵師の謎~」
■ 日 時:4月24日(日) 21:00~21:49 NHK総合テレビ
*再放送はNHK総合テレビにて、4.27(水)0:10~0:59(26日深夜)、5.4(水)8:15~9:04の2回

伊藤若冲の本(Amazon)