春に京都国立近代美術館で大好評を博した「志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―」展が、東京へ!
東京で志村さんの作品が本格的に紹介される展覧会は、これが初!さらなる新作2点も発表されるそうです。
きものは素材も色も自然から生まれ育まれたもの。それをまとう人も同じ。またいつか同じ土に帰る・・・
時間という命あるものには有限のもののなかで、つかの間であれ自分の一部となってくれる着るものたち。
志村さんのきものは、いとおしみ、いつくしみあう感触に満ちているように想います。
きものシーズンの幕開け、目の保養は、世田谷美術館から!以下、世田谷美術館の公式サイトより抜粋します。

志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―

志村ふくみは、現代日本の染織分野に独自の世界を展開する卒寿を超えてなお現役の染織家です。
1924(大正13)年、滋賀県近江八幡市に生まれ、母・小野豊の影響で、織物を始めました。1957(昭和32)年の第4 回日本伝統工芸展に初出品で入選し、その後も受賞を重ねます。そして、1990(平成2)年には、紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
草木からの自然染料で染められた糸によって織り上げられた作品は、多くの人を魅了し、国際的にも高く評価されています。「民衆の知恵の結晶である紬の創作を通して、自然との共生という人間にとって根源的な価値観を思索し続ける芸術家」として、2014(平成26)年に第30 回京都賞(思想・芸術部門)を受賞し、2015(平成27)年には文化勲章を受章しました。
京都国立近代美術館(2016年2月2日‐3月21日)、沖縄県立博物館・美術館(2016年4月12日‐5月29日)に続く巡回展の最終会場となる本展は、東京において、志村ふくみの作品が初めて本格的に紹介される機会となります。
代表作を中心に、初期の作品から最新作までを一堂に展示することで、60 年におよぶ創作の歩みを紹介するとともに、志村ふくみの魅力とその芸術の核心に迫ります。
世田谷美術館では、当会場のための新作2 点も発表されるほか、特別展示としてゲーテやシュタイナーの色彩論につながるコーナーを設けます。

会 期:2016年9月10日(土)~ 11月6日(日)
会期中大幅な展示替えが行われます。
前期:9月10日(土)~ 10月10日(月)
後期:10月12日(水)~ 11月6日(日)

会 場:世田谷美術館 1階展示室

入場料:一般1000円、65歳以上800円、大高生800円

公 式:世田谷美術館 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0

開 館:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休 館:毎週月曜日 ※ただし9月19日(月・祝)・10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)・10月11日(火)は休館

志村ふくみ 公式サイト
美しいサイトです。志村ふくみ公式 「しむらのいろ」
志村さんの想い、しむら日記、作品の紹介、京都岡崎にあるアルスシムラやワークショップの案内、
オンラインショップもあります!