加賀友禅まつり&日本伝統工芸展@金沢

/, 2016年11月, 全国, 産地の祭り/加賀友禅まつり&日本伝統工芸展@金沢

11月3日(木・祝)〜6日(日)の4日間、金沢は、きものを着て見て楽しむ加賀友禅まつり!
新作が一般公開される「第42回 加賀友禅新作競技会作品展」と多彩なイベントや特典に加え、
全国巡展中の「第63回 日本伝統工芸展」も、金沢での開催になります!
加賀友禅会館、紅葉も見頃を迎えそうな兼六園、石川県立美術館あたり、きもので巡ってみてはいかが。

第42回 加賀友禅新作競技会作品展

加賀友禅の技術力向上および後継者育成のために毎年開催している競技会です。新作が多数出品されます。ぜひ、この機会に伝統と卓越した技術をご覧ください。
今回は、作家や糊置職人の実演も行います。

きもので楽しむ4DAYS
作品展と同時に様々なイベントを開催(下記画像)

14の呉服店でイベント
石川県和装振興会加盟店14店がそれぞれに、ご来場特典や各種イベントを開催しています。
加盟店リストは → こちら

きものでお得な茶店・カフェ
兼六園界隈、広坂・片町・香林坊界隈の茶店やカフェで、きものを着て来店すると割引等の特典が。

第63回 日本伝統工芸展

我が国は、四季の気候条件に恵まれ、多様な自然環境を形成し、またその中で各地の風土に根ざした工芸品を生み出し、世界に誇る伝統工芸の盛んな国として知られています。
本展は、この優れた伝統技術の保護と後継者の育成、ならびに伝統工芸に対する普及を目的として開催しているもので、文化財保護法の趣旨に沿って昭和29年に第1回展を開いてから、今年で63回を数えます。
今回は、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門の入選作品627点の内から、重要無形文化財保持者(人間国宝)や受賞者等の秀作、地元北陸の作家を中心とした入選作品など354点を展示します。
伝統工芸の最高水準の公募展からは、時を越えて伝えられるべき傑作の数々が毎年輩出されています。この機会に、どうぞご鑑賞ください。

*日本工芸会 公式サイト  こちら

会 期:2016年11月3日(木・祝)~ 11月6日(日)

会 場:加賀友禅会館ほか

公 式:加賀染振興協会 公式サイト

問合せ:加賀染振興協会 tel:076-224-5511

会 期:2016年10月28日(金)~ 11月6日(日)

会 場:石川県立美術館

入場料:一般600円

公 式:石川県立美術館 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0
開催まであと
0
0
0
0
2018-02-17T23:43:58+09:00