芸術の秋、「第64回 日本伝統工芸展」の全国巡展は、名古屋栄三越へ!
染織・陶芸・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7分野の入賞作品や人間国宝の作品も展示される国内最大級、
作品の美しさに、どうやって創ったんだろう?という想像もできないところの工夫やスゴ技に感動!の展覧会です。
名古屋栄三越は、地下のスイーツ売り場がリフレッシュOPENだそうで、お持ち帰りも楽しみですね(^o^)

第64回日本伝統工芸展(平成29年)

公益社団法人日本工芸会は、重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体です。
現在、工芸分野重要無形文化財保持者59人中48人を含め、正会員約1,300名が所属しております。
伝統工芸の専門分野別の組織として全員を7部会に分け、(陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸)分野毎の研究会および年一回の部会展を開催し、伝統工芸技術の発展と向上のために活動しています。
日本伝統工芸展は、文化財保護法の趣旨にそって、歴史上・芸術上価値の高い工芸技術を保護育成するため開催される最大規模の公募展です。

★ 第64回、入賞作品の一覧がWEB公開されました ★
こちらで予習していくと、より楽しめるかも! → 日本工芸会 公式サイト 入賞作品一覧

会 期:2017年10月4日(水)~ 10月9日(月・祝)

会 場:名古屋栄三越  7階 催物会場

公 式:名古屋栄三越 公式サイト 日本工芸会 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0