「更紗のきもの」展@東京新宿

/, 2017年11月, 展示会・展覧会, 東京/「更紗のきもの」展@東京新宿

「更紗」と聞いて、どんな柄をイメージします?
きもの業界では「どこからどこまでを更紗とするかは難しいところ」だと聞きましたが。それもそのはず、
インドを源流とする更紗は、日本に渡来してから和のテイストが加わったり、きものの柄としてアレンジされたり。
エキゾチック感を残しながら多様な表現がなされてきたため、思い浮かぶ更紗のイメージも人それぞれなのでしょう。
更紗とは?に迫る「更紗のきもの」展が、夏の「世界の絞り」展に続いて、文化学園服飾博物館で始まります。
以下、文化学園服飾博物館の公式サイトより、転載させていただきます。

更紗のきもの

更紗とは、主に木綿布に手描きや型を使って文様を表したものを指し、その源流はインドにあるとされています。
日本では江戸時代にインドやヨーロッパから舶載されて珍重され、さらには舶載の更紗を模倣して国内でも製作が行われました。
本展では、江戸時代から昭和時代までの更紗のきものと、それらの元となったインド更紗や、インド更紗の影響から製作されたそれぞれの地域の特徴ある更紗も合わせて展示します。
今回は、22種の古渡り更紗を縫い合わせた、三井家伝来の「更紗切継ぎ杜若文様小袖」を特別に出品します。

会 期:2017年10月3日(火)~ 11月21日(火)
イベント10:00~16:30(入館は閉館30分前まで)
イベント11月2~4日は18:00まで、10月13日、11月17日は19:00まで開館
イベント休館:日曜・祝日(ただし11月3日は開館、11月6日は開館)

会 場:文化学園服飾博物館(東京・新宿)

入場料:一般500円 11月1日(水)のみ無料(「教育・文化週間」協力)

公 式:文化学園服飾博物館 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0
2018-02-17T23:43:34+09:00