きもの姿の似合う町、といえば、古い城下町の町並が残る山口県の萩も、そのひとつ。
毎年10月に開催される「着物ウィークin萩」は、きものの産地ではないのに、かなりな力の入り具合!
きものの産地ではないから、それぞれが好きなきものを好きに楽しむ自由度バツグン!のようでもあります。
今年は期間が2週間に短縮されましたが、竹の灯籠で照らされた夜の城下町が幻想的な「萩・竹灯路物語」との同時開催。
菊屋家住宅 初の夜間特別開館(着物の方は入場無料)など、期間中のイベントや着物特典、「和の学び舎」講座も増えて、
ギュッと濃縮の2週間になりそうです!近県の方はもちろん、きもの秋旅に、いかがでしょうか。

着物」をテーマに、和を身につけ、和を学び、和を楽しみます。
着物ウィーク in 萩

日本海へと流れる阿武川の三角州に、1604年、毛利輝元(毛利元就の孫)が萩城を築城。
明治維新に至るまでの約260年間にわたって城下町として栄えてきた、萩。
城下町の佇まいや風情が今も色濃く残る町並は、江戸時代の古地図で歩ける、そして着物の似合う町です。

「着物ウィーク in 萩」は、その町並みに似合う“着物”を着て、まち歩きを楽しんでいただくイベントです。
着物を着ることで、日常とはまた違った「和」の世界を楽しむことができます。
着物の方は特別割引が受けられたり、「和の学び舎」「写真プレゼント」など、萩ならではの着物体験ができます。
着物サービスを受けられるお得なパスポートを持って、まち歩きを楽しもう!

会 期:2019年10月1日(火)~14日(月・祝)

会 場:山口県 萩 城下町周辺 ほか市内各所

公 式:着物ウィーク in 萩 公式サイト / 公式Facebook

開催まであと
0
0
0
0

「きものウィークin萩」を楽しむ5つのポイント

その1 【着物レンタル・着付け】
手ぶらで来てもOK!イベント期間中、着物レンタルは着付け込みで4,000円(肌襦袢・足袋も一式レンタルに含みます)!
ご自分の着物をお持ちいただければ、2,000円で着付けをいたします。

その2 【着物割引】
着物の方には、お食事やお買物の割引、和小物のプレゼントなどお楽しみがいっぱい!
市内の協賛店で特典が受けられる「着物パスポート」を持ってまち歩きを楽しもう!
パスポート配布場所:萩市観光協会、萩市役所、旧久保田家住宅、協賛店舗等

その3 【和の学び舎】
着物に似合う和小物づくりやガイドツアーなど、今年は20の講座を開催!講座は → こちら
着物を着て体験される方はもちろん着物割引があります!

その4 【フォトプレゼント】
『美しく撮り隊』というボランティアカメラマンが、あちこちで着物姿の方の写真を撮影、無料で写真をプレゼント!

その5 【着物フォトコンテスト】
萩の美しいまちなみと着物を写真で後世に残していきたいというコンセプトから始まった『着物フォトコンテスト』。
受賞作品は来年度、着物ウィークのポスターやパンフレット等に使用します。
あなたがモデルになった写真、または撮った写真が来年のポスターになるかも!ふるってご応募ください!