きものを着るようになって和の暮らしの魅力に目覚めた、という方、少なくないのでは。
第一線で活躍中の「和」の作家さん23人による「手仕事に遊ぶ錦秋」、今年も名勝 三渓園での開催です。
広大な庭園に重要文化財の古建築が点在する三渓園。なかでも広さ290坪にも及ぶ「鶴翔閣」の古き佳き佇まいの中で、
展示そのものもアートのよう。その非日常の空気と美しい作品たち、作家さんとの出会いを心ゆくまで楽しめる3日間。
「場所柄、お着物で来てくださるお客様も多い」そうですので、ぜひ、おしゃれして出かけて、心地よい秋の1日を!

手仕事に遊ぶ錦秋 2019

「手仕事に遊ぶ錦秋」は
出展者自らが企画・運営する展示会として、始まりました。
錦に染まりゆく三渓園の秋と共に、作り手たちのさまざまな手仕事を
ゆっくりとお楽しみください。

<出展者> → こちら に出展者一覧(作品写真)があります。
新啓織物(秩父銘仙)/Kocari(インドの布)/白井 仁(和綿)/鈴木 和美(友禅染め)/内藤 早苗(注染)
中野 史朗(和更紗)/BIN house(java更紗)/吉野 綾(ダマスク織)/WARP WOOF 139°35°(染織)
秋友 美穂(彫金アクセサリー)/五味 和代(金工装身具)/宮田 琴(金工)/桶栄(江戸結桶)/前田 洋(木の器)
ギャラリー羅山(李朝家具)/可児 友紀(吹きガラス)/松岡 装子(絵付け硝子)/松岡 ようじ(宙吹き硝子)
瀬古 有美(磁器)/出嶋 正樹(陶器)/桜居(つまみ細工)/江戸組紐 中村正(組紐)/藤川 孝之(ポートレートデッサン)

お願い
■ 作品の購入に関しては直接作家にお申しつけください。
■ 混雑時の写真撮影はご遠慮ください。
■ 低い位置にも展示品がございます。大きなお荷物をお持ちでのご来場や、小さなお子様連れでのご来場はご遠慮ください。
■ 会場に入場の際はご記帳をお願いしております。

会 期:2019年10月4日(金)・5日(土)・6日(日)
イベント4日 13:00〜17:00、5日・6日 10:00〜17:00

会 場:横浜 三渓園内 鶴翔閣(かくしょうかく)
イベント会場案内・アクセス 三渓園 公式サイト

入場料:三渓園の入園料=大人(高校生以上)700円 *入園特別ご優待あり

公 式:手仕事に遊ぶ錦秋 公式サイト / 公式Facebook

開催まであと
0
0
0
0

「手仕事に遊ぶ錦秋」へご来場の方には入園料特別ご優待! →こちら