「第69回 京友禅競技大会」その後に一般公開される1日だけの展示会。京都の春は、このイベントから始まります。
姫丸も4年ほど続けて行っていますが、この展示会は「伝統+ハイテクによるキモノなう」が特徴。
匠の手になる素晴らしい作品だけでなく、機械捺染の小紋、先端技術のインクジェットによる振袖も多く見られます。
競技会出品の最新作が約250点という日本最大規模にして、第69回目の「産業としての現在値」も感じられると思います。
今年は特別企画展「きもの文化2020の出逢い」も併催、入場無料、3月14日(水)1日だけですよ〜!

京友禅総合展 第69回 京友禅競技大会

京都では最大規模を誇る京友禅染の展示会「第69回 京友禅競技大会」を開催いたします。
また、今回は特別企画展「きもの文化2020の出逢い」をはじめ、京友禅×西陣織タンブラー「お京」青年会作品展、染色補正技術競技会入賞作品展、「型紙と技」も併催いたします。
1日だけの展示会となりますが、広い会場一面の新作きものを、ぜひ、ご覧ください。入場無料です。

併 催
■ 特別企画展「きもの文化2020の出逢い」
■ 青年会作品展「京友禅・西陣織タンブラー“お京”」
■ 青年会作品展「京友禅箸袋“京包み”」
■ 「第57回 染色補正技術競技会入賞作品展」(協力:京都染色補正工業協同組合)
■ 「型紙と技」(協力:京都染型協同組合)

会 期:2018年3月14日(水) 9:00〜16:00

会 場:みやこめっせ 1階 第2展示場  → アクセス

公 式:京友禅協同組合連合会 公式サイト

開催まであと
0
0
0
0

京友禅競技大会

昨年の